Sovereign Rarities のウナとライオン結果

 

先日、終了したSovereign Rarities Ltdのオークション。
ウナとライオンが出品されていましたが結果は120000ポンドでした。
ポンド145円で計算すると12万*1.2*145で2088万円です。
 
ウナとライオンより大活況だったのは5ギニーのようです。
 
NGC MS62+です。結果は13万GBPでした。
 
こちらもNGC MS62+です。結果は11万5千GBPでした。
 
NGC MS62です。こちらの結果は15万5千GBPでした。
 
NGC MS61です。結果は9万GBPでした。
 
ミントステイトだと家が買えそうです……
 
さて、このソブリンレアリティーズですが、ボールドウィンから移った人たちが設立しました。
 
 
この記事を読むとボールドウィンはノーブルインベストメンツというイアン・ゴールドバート氏が設立した投資会社が買収してたんですね。ボールドウィンの看板を買った感じでしょうか。このイアン・ゴールドバートはコレクターでありコインディーラーであり、株の仲買人だったようです。
 
その後、2013年にノーブルインベストメンツはスタンレーギボンズに4200万ポンド買収されました。イアン・ゴールドバートもボールドウィンでマネージング・ディレクターとして働いてましたが2015年に専門家5人と退職して、ソブリンレアリティーズを設立となったようです。
 
そして2016年、スタンレーギボンズは偶発的債務の指摘により経営危機へとなりました。理由は以下のサイトが分かりやすくまとまってます。ちょっとモヤっとしますが。
 
スタンレーギボンズ社 経営危機 「ゴールド投資の記録」
 
この記事によると、過去に75%~100%の買戻し保証付きで販売した商品の偶発債務が5,400万ポンド(年間売上高を超えます)にのぼっており経営圧迫の原因の一つとなっている模様です。
 
この記事とは以下の記事
 
 
コインの話というよりは、切手の話のようです。みんなが買い戻せと言ったら困るという話ですね。
 
上の「ゴールド投資の記録」がPCGS3000indexも下がってると書いてますが、アメリカコインのインデックスなので外国コイン全般がそうとも言い切れず判断は難しいです。ただ2015年からアメリカで何があったかと言えば「利上げ」ですので、その影響が大きい気がします。
 
そんなこんなでスタンレーギボンズは身売りとなりました。
 
 
現在はPhoenix UK Fund Ltd.の下で再建中のようです。セントジェームズとのジョイントオークション(会社)など設立したのも、こーいった理由があったようです。
 
一方のソブリンレアリティーズですが、こちらはロイヤルミントが出資しているそうで、英国コイン業者は投資会社など大きいお金で会社ごと売ったり買ったりですごいなと思います。
 
 
日本ってどうなんでしょうね。日本のコイン屋さんは儲かっているのでしょうか。気になります。
 

ヤフオクに出品してみた。ヤフーショッピングにも試しに出してみた。

タイトルそのまま収集品をヤフオクに出してみました。

ヤフーショッピングにも出してみました。

ほとんどアクセスないのでブログにも書いて宣伝しておこうと思いました。

 

まず、ヤフーショッピングへのリンク。

 

英国イギリス ジェームズ8世James VIII(1688-1766)1716年クラウン銀貨 NGC MS62 WINGSレア 

 →ヘリテージオークションで3055ドルで落札されたコイン。スラブを入れ替え金のWINGシールが貼ってある。

デンマークDENMARK Pattern Medallic Reisdaler 試鋳ターラー銀貨(Speciedaler) 1749 NGC MS62

→オークションワールド第10回Lot2166の現品です。→ DENMARK デンマーク Pattern Medallic Reisdaler (Speciedaler) 1749 NGC-MS62。当時は40万で落札でした。

仏国フランス1830年W5フラン銀貨5Francsシャルル10世 NGC MS64

 →MS64がついたコインは珍しい。EF前後が平均で未使用はあまり見ない。

ドイツ GERMANY バイエルン Bayern 5マルク銀貨 5Mark 1914(D) ルードヴィヒ3世 Ludwig III (1913-1918) Dav620 KM1007(KM521) PCGS MS64

 →比較的よく見るコインだがMS64は平均以上の状態と思われる。

ドイツ GERMANY BADEN バーデン 2ターラー銀貨 2 thaler doppeltaler 4320枚発行 Dav.525 Jaeger59 PCGS MS61 大型銀貨

 →裏面プルーフライク。MSクラスは貴重。

ドイツ GERMANY BAVARIA ババリア(バイエルン)ターラー銀貨 thaler 1806年 NGC MS61 マクシミリアン4世

 →2007年にヘリテージに出ていたコインです。当時は661ドルの落札でした。

ドイツGERMANY Saxony ザクセン ターラー銀貨 Taler 1827S NGC MS64 完全未使用 thaler フリードリヒ・アウグスト死去

 →14000枚発行。German States SAXONY-ALBERTINE Thaler KM# 1111.1このNGGのサイトに掲載されているコインの現品です。

イタリア 1872年M 5リラ銀貨 Italy 5 Lire KM# 8.3 1872M BN  PCGS MS64 未使用

 →MS64がついたコインは珍しい。状態レア。

英国イギリス1897年Bボンベイ貿易銀Trade Dollar NGC MS64 rare Great Britain Dollar KM# T5

 →状態レア。通常よりは珍しい年号ミント。良いトーン。ヘリテージなど海外オークションでは参考額より高く競ることが多い。

英国イギリス1900年Bボンベイ貿易銀Trade Dollar NGC MS64 Scarce  Great Britain Dollar KM# T5

 →状態レア。通常よりは珍しい年号ミント。ナイスラスター。ヘリテージなど海外オークションでは参考額より高く競ることが多い。

 

以下、ヤフオクへのリンク。 

 

German St. Bavaria Maximilian II 1849 AR 2 Thaler, 3-1/2 Gulden PCGS MS63PL

夏のスタックスとヘリテージ

海外サマーオークション。
米系のスタックスとヘリテージが夏のオークションを開催です。その前に日本のCCFとかあったよね?という話ですが猛暑と台風で行ってないのでよく分かりません。オークションも結果を見てますが不落が多く、総じて安く落ちている感じがします。出品者の方には厳しい結果だったように思いますし、事前ビッドや会場へ参上した方々には幸いだったのでしょう。
 
さて、スタックスとヘリテージの話。
出品ロット数が多いので、英国コインのプルーフ貨などを中心に少しだけ、ご紹介。
 
スタックスStacks Bowers & Ponterio August 2018 ANA
 
ナポレオン3世5F銀貨もたくさん出ていたがリザーブが入っていてパス(不落)が多かった。
 
(極楽鳥5MはPCGS MS64)
 
(S-3560; Fr-317; KM-520.2. VERY RARE.) 
 
(crown PCGS PR63, 5P PCGS PR63DCAM)

f:id:tororon210:20180818221303j:plain

 

 
(crown PR62CAM, 5P PR63DCAM WR-278)

f:id:tororon210:20180818221350j:plain

(crown PR65, 5P PR64DCAM)
(crown PR64, 5P PR63DCAM)
(5P PR65CAM)
 
以上、英国。
ウナとライオンのセットは43万2000ドル。
当時日本に輸入したら1億近いと書きました。ボールドウィンに出たセットのグレードはどうだったか。
といった感じで5ポンドは66ウルカメ、クラウンも66+でした。
今回スタックスに出た5ポンドとは3グレード、クラウンとは4グレードの差があります。
いま最高グレードのセットが出てきたら1億といっても買えないかもなーと思いました。
 
続き
 
 
 
 
 
 
以上、スタックスの結果抜粋でした。結果は全てBPを含みます。
意外とリザーブの入っているロットが多く不落品は多数でした。ロット21226の100リレ金貨ですが、不人気不人気と思われてますが、MS64のグレードであれば高いです。61とか62には人は寄り付かずです。
 
次はヘリテージ、プラチナムオークション。ANA Signature Sale 3066 
 
古代貨
 
ワールドコイン
 
 
フランス
 
Lot 30215
 
英国
(古いスラブケース)
 
(5P PF63)
 
 
 
 
以上、ヘリテージから結果抜粋でした。結果にはBPを含んでいます。
さて、あらためて見ると30316の1839年クラウン銀貨プルーフはキレイですね。PR65CAMです。これ2013年のヘリテージに出ていたロットで、当時は32500ドル(38187ドルBPinc)でした。今回の結果がBP入れて54600ドルですから1.5倍になりました。落札した方が出品者であれば出品側手数料はゼロですから、5年保有して楽しんだ上で、売却益もたくさん出てるようです(1万ドルぐらい?)。けっきょく、こーいうコインなら利殖にはなるということでしょう。
 
個人的に好きなフランスのセレス5FプルーフはBP入れての13200ドルと高値でした。
古代貨リディアのクロイソス金貨も高値でした。日本のオークションワールドでも高値でした。年末年明けのオークションでも目玉ハイライト品としてオークションに登場しそうです。
ヘリテージは9月はじめにもフロアオークションがあります。そちらも気になりますね。
 
スタックスはオンラインオンリーセッションが残っています。こちらも気になりますね。ぼくも欲しい!と思うコインがあるので、無理して入札するつもりです。お金ないのにね……それに手持ちのコインを売るぞなんて思ってたのに、いまだに出品の手続きをしてません。いざ売るとなると……なんとなく、ね、使えるお金はバンバン消えてくのに不思議(笑)
 
sixbidnumisbidsを見ていると10月のkunkerの出品ロットが見えるようになってます。
ホント、年がら年中オークションです。日本でも8月26日は泰星誌上・ネットオークションが開催です。
 
 
ウナとライオン金貨が出てますがdetailsです。日本の旧2円金貨プルーフも出てます。
ロシアのガンクード海戦200周年記念ルーブルが出ていてスタート30万は安いなーとか思ってたら事前であっさり100万オーバーまで入札あるようです。
ほかミントミントオークションも10月7日締め切りの誌上オークションを開催予定のようです。
 
次、都内での催事では第27回TOKYOコレクションフェア2018が交通会館で8月31日から9月2日に開催予定です。切手と古銭であわせて40社前後の参加のようです。
 
以上、スタックスとヘリテージのサマーオークションの結果抜粋話でした。

第13回オークションワールド フロア・ライブオークション

7月14日、15日に第13回オークションワールドのフロア・ライブオークションが開催された。16日にもe-ライブオークションが開催され、比較的安価なロットが競られる。

 

フロア・ライブオークションでは、日本コインオークションが主催した第46回日本コインオークションに続いて、たくさんのゴチッククラウンの試鋳貨が出品されていた。ゴチッククランのロットだけ抜き出してみると以下の11ロット。

 

Lot 3559 ヴィクトリア(1837~1901) Crown 1847やや磨きEF+ 16.6万+BP

Lot 3560 ヴィクトリア(1837~1901) Crown 1847 NGC-PF58 27.2万+BP

Lot 3561 ヴィクトリア(1837~1901) Crown 1847 PCGS-PR62 58万+BP

Lot 3562 ヴィクトリア(1837~1901) Crown 1847 PCGS-PR67 580万+BP

Lot 3563 1847 NGC-PF65Bull-2575(R5) 旧ESC未載 Pattern or Presentation UNDECIMO  ⓇⓇⓇ 1100万+BP

Lot 3564 Trial Uniface of Reverse Struck in lead 1847Bull-2667(R6) L&S-66 ゴシッククラウン裏面の試打鉛打貨 28万+BP

Lot 3565 Crown 1847 NGC-PF62 S-3883 KM-744 Bull-2576(R7) ESC-290(R7) L&S-59 Bull-2576 ゴシッククラウン Pattern or error SEPTIMO コイン仕様 現存確認数2枚 ⓇⓇⓇⓇ  1600万+BP

Lot 3566 Crown 1847 PCGS-PR62 Plain edge  メダル仕様 Ⓡ 130万+BP

Lot 3567 Pattern Crown in White Metal 1847 NGC-PF60 Bull-2582(R7) 420万+BP

Lot 3568 Crown 1853 PCGS-PR64CAM Bull-2584(R3) ESC-293(R3) L&S-69 Bull-2584 SEPTIMO コイン仕様 ⓇⓇ 520万+BP
Lot 3569 Crown 1853 NGC-PF63 ESC-294(R5) L&S-70 Pattern or Presentation plain edge プレーンエッジ メダル仕様 ⓇⓇⓇ 1200万+BP

 

 今回のオークションで1000万円を超えるロットは4点あったが、そのうち3点がゴチックの試鋳貨だった。すごい。ちなみにもう1点1000万オーバーだったのは、Lot 3487 チャールズ2世(1660~85) 5Guinea 1673 NGC-MS62の1550万+BPだった。このチャールズ2世5ギニーは、直近の高値は2015年にスピンクで競られた13万5000ポンド+BPだったので、比較すればお買い得なのだろう(Lot 367 Charles II (1660-85), Five-Guineas, 1673 Spink Auction 15031 14 May 2015)。 

 

ついでなので第46回日本コインオークションに出品されていたゴチックもまとめておく。


Lot. 0411ゴシッククラウン試鋳銀貨 MDCCCXLVI(1846) エッヂ:プレインエッヂ ↑↑ ESC341A Bull(ESC)2264(R4) NGC PF64 670万+BP

Lot. 0412ゴシッククラウン試鋳銀貨 MDCCCXLVII(1847) ↑↓ ESC342 Bull(ESC)2572(R6) L&S60 Bull(ESC)カタログ希少度(R6)3~4枚の珍品です。 NGC PF64CAMEO 810万+BP

Lot. 0413 ゴシッククラウン銀貨 Gothic Crown MDCCCXLVII(1847) ↑↓ ESC288 Bull(ESC)2571(S) Spink3883 KM744 NGC PF64+CAMEO 265万+BP

Lot. 0414ゴシッククラウン銀貨 MDCCCXLVII(1847) エッヂ:プレインエッヂ ↑↑ ESC291 Bull(ESC)- Spink3883 KM744 NGC PF64 CAMEO 320万+BP

Lot. 0415ゴシッククラウン銀貨 MDCCCLIII(1853) エッヂ:SEPTIMO ↑↓ ESC293 Bull(ESC)2583(R3) Spink3884 KM744 NGC PF64 400万+BP

 

以上の5ロット。いっぱいあってよく分からない……

 

今回のオークションワールドには初期のターラー銀貨(ヨーロッパ大型銀貨グルディナー銀貨)が出ていたがどれも高かった。2年ぐらい前から欧州でやたらと競ってる印象があったんだけど、日本のオークションでも高い。

 

反面、ドイツのワイマールコインなど不人気な分野は継続して不人気で、イタリアのヴィットリオ金貨やナポレオン3世金貨などヤフオクで流行ったコインは総じて競ってない。スタートが高い?みんな持ってるから?あきた?理由は分からない。欲しいと思ったらいつでも買えるから?かもしれない。

 

ほか、スタート価格かその近辺で終わっているロットが多いように見えるので、意外と割安なコインが多かったのかもしれない。オークションワールドはリザーブがなければ比較的スタートは安いと思う。出品者側としてはリザーブなしで出してガッカリなんてこともあるのではないだろうか。オークションは運で左右されることも多いので、大きな損したくなければリザーブを考えた方が良いかもしれない。

 

あとは、高いコインが、より高く、そうでもないコインは、ほどほど、といった感じ。


Lot 3246 ナポレオン1世(1802~15) 5Francs 1815A NGC-MS64+ 160万+BP

いくら人気の百日天下だからといっても、160万と聞くとビックリする。NCAではMS63が115万+BPだったけど、1ランク半(半というより0.7加点かも)上のコインで45万も違うとなると、さらにビックリ(Lot. 0185ナポレオン1世(1799-1814,1815) 5フラン銀貨 1815(A) 百日天下 Gad595 Dav85 KM704.1 NGC MS63)。

 

 以上です。

 

 次のイベントはCCF2018年コインコレクションフェアー

第46回日本コインオークションが終わった

本日、第46回日本コインオークションが開催されました。総ロット数は741。100万円以上の落札額を記録したロットは、67ロット、うち1000万を超えるロットが11ロットありました。ナポレオン関連コイン・メダルとヴィクトリア女王コイン中心に非常にハイグレード品、レア品が集中して出品されていたので、コレクターや業者さんたちの琴線に触れたらしく、夏の熱気に負けない熱戦が繰り広げられたようです。高校球児も真っ青です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
落札額上位12ロットはこんな感じ。ウナとライオン金貨は、その中でも珍しいタイプのようで3000万オーバー。NCAの社長もこれは大珍品と太鼓判を押していた8ルイドール金貨も2700万と英国金貨の女王に肉薄でした。
ヴィクトリア女王は領土獲得には心血を注いでいて、対外政策についていえば「君臨すれども統治せず」とはだいぶ違った印象で、インド帝国には並々ならぬ関心を寄せていました。そのインド帝国の礎を築いた東インド会社の2モハール金貨が2200万を記録。
個人的に気になっていた日英の合作試作貨、ロット733の円銀は1600万、ロット297フランスの100フラン試作金貨は1300万と、どちらもスタート価格から3倍以上まで競りました。
 
このほか、ナポレオンの5Fやヴィクトリアの銀貨などコレクションを充実させる大チャンスということもあって、どのロットも競っていました。とくにロット400から416まで全て100万円を超える落札となっています。ロット418のジュビリーヘッドのプルーフクラウンも75万と高値でした。
 
全体を見渡すと、もともと50万とか100万するコインはドンドコ競っている印象です。10万以下だと熱心なビッダーは少ない気がします。ウナとライオンの金銀銅ホワイトメタルの結果を見てるとホントにこんなに高くて良いのかなと思わなくもないですが、欲しいコレクターがいるから、競るわけで、それにこれだけ充実したオークションはないだろうと気合が入っていたので、あれがダメなら、これがダメなら、せめてこれをと、テーマに沿っているなら二番手三番手、四番手まで札をあげている人が多かったのかもしれません。
 
 今後の7月イベント・オークションの予定。
ワールドコインズ・ジャパン サマーコインフェア 7/6(金)~8(日)
オークションワールド 第13回フロア&e-ライブ・オークション 7月14日(土)~16日(月)
2018年コイン・コレクション・フェアー(CCF)(書信館出版株式会社) 7月27日(金)~7月29日(日)
2018 CCFオークション/第47回 日本コインオークション 7月28日(土)~7月29日(日)
 
以上、第46回日本コインオークションの雑感想でした。

オークションワールド、TICC、泰星SPINK東京国際ヌミスマティクス・オークション

2018年4月ももう終わりです。

4月21日22日にオークションワールドの第12回立会オークションが開催されました。

ハイライトは、日本貨では旧五円金貨のプルーフ、外国コインではウナとライオンの銀打ちでした。

 

Lot 139
日本 旧五圓金貨(縮小) Old type 5Yen reduced 明治9年(1876) NGC-PF67 Ultra Cameo

結果は760万円+手数料でした。

 

Lot 3621
GREAT BRITAIN Victoria ヴィクトリア(1837~1901) Pattern 5Pounds in Silver (Pattern Crown?) 1839 NGC-PF64

結果は3200万円+手数料でした。

 

今回出品されていたウナとライオンの銀打ちはカタログ番号L&S19A Bull(ESC)2632でしたが、2017年1月の第7回立会オークションではL&S-20 ExDM-233の銀打ちが出品されていました。

 

Lot 1087
GREAT BRITAIN Victoria ヴィクトリア(1837~1901) Pattern 5Pounds in Silver 1839 NGC-PF64

結果は4000万円+手数料でした。

 

Lot 3003
Kingdom of Lydia リディア王国 AV Light Stater Croesus クロイソス 561~546BC NGC-Gem MS“Strike5/5 Surface5/5“

第12回立会オークションの高額落札ロットの第2位は、リディアのスタテール金貨でした。結果は1800万円+手数料と破格でした。このコインとしてはワールドレコードかもしれません。

事前人気の高かったLot3599ゴシッククラウン プレーンエッジNGC-PF65 Cameoの結果は600万円+手数料でした。

ほか、日本貨の一部やグレードの低い物などを除くと、高値で落札されているコインが多かったようです。都市景観のMSグレードのコインなど非常に高値でした。

 

第29回東京国際コイン・コンヴェンション(TICC2018)が4月28、29、30日に開催されました。海外からの参加を含め、スラブケースに入ったハイグレードコインは、非常にお高いものが多かった印象です。スティーブン・アルバム・レア・コインズ(米国)などが品ぞろえ良く人気だったようです。

 

泰星SPINK東京国際ヌミスマティクス・オークションが29日に開催されました。saleroomというオークションサイトを使ってライブでのオンライン入札ができるようになりました。

 

ハイライトはウナとライオン金貨でしょうか。

Lot495 ウナとライオン金貨WR-278,S-3851 PCGS PR62DCAM

落札結果は3200万円+手数料でした。

手数料は今回は20パーセントと海外オークション並でした。

この他、英国コインの高額落札ロットは以下の通り。

Lot484 トリプルユナイト金貨 700万円

Lot489 ウィリアム3世5ギニー XF40 180万円

Lot493 ジョージ4世5P金貨 NGC PF63cameo 1400万円

Lot494 ジョージ4世プルーフセット 1650万円

Lot508 ヴィクトリア5P金貨 1887 PCGS PR63DCAM 420万円

Lot516 ヴィクトリア5P金貨 1893 NGC PF61ULCAME 310万円

Lot517 ヴィクトリア1893プルーフセット 540万円

これに手数料が加わります。英国プルーフ大型金貨は人気です。

ただ、スタート価格が高額なロットは不落であったり、多数出品されていたジョージ6世のプルーフはやや人気薄、人気分散だったようです。

大型金貨以外は、英国全般に人気がなく不落も目立つようで、人気の偏りが顕著になっています。

 

 アンティークコイン投資のブームで販売サイトが多数生まれてましたが、撤退しているところも多いです。売れるのは超高い超希少なコインばかりなようで、コイン全般に広がる感じではなさそうです。

 

このブログは今年1月から更新してませんでしたが、あまり需要もないでしょうし、今後も放置気味になりそうです。

Baldwin's of St. James's とSpink USAの結果一部抜粋 ウナとライオン5ポンド金貨

英国系2社のニューヨークでのフロアオークションが開催された。

結果を一部抜粋する。

正式な発表は公式サイト等でご確認ください。

 

まずはボルドウィンセントジェームズ。

Lot 131 Victoria, five pounds, 1887 PCGS MS65 est10000ドル 8000ドル
Lot 147 Victoria, proof crown, 1847 PCGS PR67 est75000ドル 55000ドル
 
ウナとライオンは18万5000ドルでの落札。
BP20パー加算する、ドル円115で計算すると2500万円超。
ジュビリーの5Pプルーフ金貨も66Dcamのグレードだと11万5000ドルと破格。
ボノミ金打ちも高い。2016年の銀座コインオークションではPR66が2300万+手数料での落札だった。
最高鑑定PR67のゴシッククラウンは55000ドル。ヘリテージと同値。
 
ほか、英国コイン以外の高額な落札結果。
 
 
2モハール金貨プルーフの83000ドルはすごい。
ビルマのチャット銀貨のプルーフ、すさまじく高い。
 
スピンクUSA
Lot 177 Victoria 11-piece Proof Set, 1887  est15000ドル 21000ドル
 
英国金貨など抜粋。
注目は5ギニーのMS63鑑定品か。すごい高い。
ウィリアム4世パターンクラウンは競らずスタートで落札。
ゴシッククラウンはDcamの64鑑定。結果は19000ドル。
以前NCAで64+Dcamが210万円で落札されていた。
スピンクUSAではオーストリア・ドイツの大型ダカット金貨が多数出品されていた。金貨というかメダルではあるが、高値が多かった。
 
 以上です。