読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HeritageオークションのCICFフロアセッション終了。

雪降って桜吹雪。
 近所の川べりに植わっている桜木は見事に散ってしまいました。
というか雪が降る前から散り始めていたんですけどね。
 花びらが敷き詰められた川面は桜色に染まって壮観でした。
 橋の欄干から一眼レンズを飛び出させて熱心に撮影している人もいました。
けっこう寒かったのにシートを敷いて花見をしている方も散見しました。
 花冷えとは言いますが、今週は寒さが戻って私は花見の気分にはなれませんでした。
まぁ、散歩ついでに桜はちゃんと見ましたが。


そういえば、オークションネットの入札も銀座コインの入札も終わってました。

入札された方どうでしたか?


さて、ヘリテイジのフロアセッションが終わりました。
わたしはビッド予定もないし、安いと思って衝動ビッドしないよう、ライブは見ませんでした。
ドイツコインの落札状況だけパッと見たら不落品が多くて不人気を確認しました。
これは単純にestimateが高くスタートも高いって理由なんですかね。
バイエルン(ババリア)のロット29835オットー王子のギリシャ王選出は2585ドル(BP含む)まで競りました。
ほかのルートビッヒコインはあまり競りませんでした。

 

 ロット29849 フランクフルト 2ターラー銀貨1866年NGC PR65 8225ドル(BP含む)

coins.ha.com

 前回のNCAでも63が出ていましたが、やはりワールドワイドで競られると上がるもんです。
でもドイツコインで競ったのは、このロットぐらいでしょうか。65の魔力ですかね。


フランス。
 今回もナポレオン金貨など100フラン、50フラン金貨が年号、ミント別でそろってました。
MS64からが勝負というのがよく分かる結果でした。
それとどうも昨年ぐらいからナポレオン3世コインで強いビッドを入れている人がいるように思います。
クラウンサイズ銀貨、大型金貨、プルーフ、このあたりのハイグレード品に絞ってビッドしてるのかもしれません。

ロット29691 5フラン1861年 NGC MS64 6462.50(BP含む)

ロット29692 5フランプルーフ1870年 NGC PR63 15275ドル(BP含む)

ロット29700 ナポレオン100フラン金貨1855年A PCGS MS64 7637.50(BP含む)

ロット29718 100フラン金貨1866年A PCGS MS64+ 188800(BP含む)

ロット29725 100フラン金貨1867年BB NGC MS64 23500(BP含む)


勝手な心象ですが先のクンカーでもナポレオン3世のクラウンサイズコインが暴騰してました。
その流れで考えると今回も資金のあるコレクターが狙ってビッドしてるんでは?と妄想します。

 

このほかのナポレオン金貨はグレードがAU-MS62ぐらいまでだと入札も落札価格も低調な感じではありました。
ただ円安の影響でドル円120円を計算するとビックリするほど安いってわけではないでしょう。
たぶん。

 

英国。
前回に引き続き人が減ってきたというか、落ち着いてきました。
ジョージ3世のコインは総じて不人気。なぜだろう。
ヴィクトリアのソブリン金貨の不落率が大幅に改善してきてると感じるのは枚数が減ったからかestimateが下がったからか。
マイナー貨は競ると高いけど競らないとestimate的に安く落ちる。下限より下ぐらい。
ヴィクトリアクラウン1844年、1845年、ともに5000ドル前後で落ちる。

 

ロット30037 1847年ゴシッククラウン PCGS PR63 7637.50ドル(BP含む)

coins.ha.com

 estimateの中間ほどで落札。100万の時代もありましたが熱狂は終わりですかね。
ピークは過ぎたと去年ぐらいから考えてましたが、間違いなさそうです。
ただ64が出ない。売り物が出ないというのがキーでしょうか。

今後64、65のグレードが出たときが気になります。

 

ロット29983 ジョージ4世1826年5ポンドPCGS PR62cam 76375ドル(BP含む)

coins.ha.com

今回は5ポンドプルーフの出品がなかったので人気化したといった感じでしょうか。

ほか。
 全体的に人が少なかったのかなぁーといった感じ。
BP含めてestimateの上限ぐらいまで、あるいは下限ギリギリでの落札が多かったのかなと。
ブラジルコインも、やはり勢いを失ってるようです。
レアル安の影響かとも思いますがどうなんでしょうか。
 中国も出物が少なくグレードも微妙だったことも関係してるでしょうが低調でした。
とくに現代コインは昨年以上に注目度グっと下がっているように思います。
ロシアコインは近代コインのハイグレード品は強いものもありますが、やはり18世紀以前のルーブルは不人気感があります。
 中南米、東ヨーロッパどこも全体を見ると盛り上がりはいまいちでした。
なのでインフレヘッジや投資、それこそファンドっぽい買いは少なくなったのかなと。
ただ個々では参考額の上限ぶち抜きで競っているのもありましたけどね。

あと、古代貨ですがデカドラクマ高かったですね。BP含めて7万ドルと5.8万ドルでした。


最後。オーストリアの雲上の女神100コロナ金貨。
 今回はずいぶんとまとまって出品されていました。
その数、11枚です。結果を見ると以下の通りです。

 

ロット29347 NGC PR63cameo 23500ドル(BP含む)
ロット29348 NGC MS64   21500ドル(BP含む)
ロット29349 NGC MS63   17037.50ドル(BP含む)
ロット29350 NGC MS63   12337.50ドル(BP含む)
ロット29351 NGC MS62PL 12925ドル(BP含む)
ロット29352 NGC MS62   10575ドル(BP含む)
ロット29353 NGC MS62   10575ドル(BP含む)
ロット29354 NGC MS62   9693.75ドル(BP含む)
ロット29355 NGC MS61   7637.50ドル(BP含む)
ロット29356 NGC AU58   4935ドル(BP含む)
ロット29357 NGC AU58   4935ドル(BP含む)

 

さて、この結果、どう思いますでしょうか。
MS62で1万ドルですか。
近代大型金貨の有名どころは、とにかくMS64以上が高いです。競ります。
フランスのナポレオン金貨もそうですが、イタリア大型金貨も同様です。

 

以上、4月のヘリテイジフロアオークションの感想でした。

(あくまで感想なので実際の落札結果や動向などはヘリテージのサイトで確認してください)

昨年大活況だったウナとライオン5ポンドですが、昨年の暴騰を見てか泰星オクに1枚。
スイスのSINCONAに1枚、HESSE-DIVOに1枚、と5月のオクに3枚出る予定となっております。

値が上がれば売り物が出てくるもんです。たぶんTICCにも何枚か出るんじゃないですかね。

 

ヤフオクにも『オーストリア 100コロナ金貨 1908年 極美品 雲上の女神』が出ています。

goo.gl

どうなりますかね。
 
以上です。