読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタンレーギボンズって

来週、15日の日曜日にミントプラスのフロアオークションが開催されますが、これが終わると春のフロアオークションはひと段落となります。

特別何かに入札したいというわけでもありませんが、野次馬としては見に行こうかしらと思ったり、思わなかったりです。
 
さて、タイトルの『スタンレーギボンズって』なんだろな? って話です。
分かりやすく言えば切手屋さんなんですが、現物投資のファンド屋さんでもあります。英国の老舗切手商が源流なんですが、現在ではアンティークコインや稀覯本への投資をしていて、独自のインデックスをつくって公表していたりします。
10年間でこんなに値上がりしましたっていうチャートを見たことがあると思いますが、そのチャートを発表している中の人の1人ってことです。
この独自のインデックスというのが『GB200index』です。
これは英国コインの中から200枚を選び抜いて指標化したものなんですが、この200枚にはどんなコインが採用されているかご存知でしょうか? 僕は全然知りませんでした。でも、ちゃんと公表されているもんです。
 
 
やっぱり気になるのは、ヴィクトリアコインが何枚採用されているかでしょう。人気ですからね。
数えてみると、なんと7枚でした。
 
3851 1839 Victoria, Gold Five Pounds. Proof FDC
3884 1853 Victoria, Silver Crown. Plain edge proof FDC
3852 1841 Victoria, Gold Sovereign. First (small) EF
3888 1841 Victoria, Silver Halfcrown. Type A4 UNC
3872 1893 Victoria, Gold Five Pounds. Proof FDC
3887 1839 Victoria, Silver Halfcrown. Type A3  EF
3859 1853 Victoria, Gold Half-Sovereign. Proof large date FDC
 
1847年のゴチッククラウンは採用されてませんでした。
1853年が採用されているからでしょうね。
 
ウナとライオンだけ価格の推移を転載してみると以下の通り。
 
2002    2003    2004    2005    2006    2007    2008    2009 
£21,500  £35,000  £35,000  £35,000  £36,500  £36,500  £36,500  £41,500 
 
2010    2011    2012    2013    2014    2015    2016
£47,500  £50,000  £65,000  £75,000  £87,500  £125,000  £175,000
 
2002年と2003年の上昇率も驚きですが、2014年から2015年もポコッ!って音を立てて上昇した感じがします。
10年に1回ぐらい大きく変動するんですかね。2015年と16年も上がり方は急ですが、去年のフルセットが42万ポンドだったので、あの影響なんでしょうか。
 
以上、スタンレーギボンズって会社があるよ、GB200indexっていう英国コインの価格指標を公開してるよ、その指標の中身も公開してるよ、って話を書いてみたんですが、突然、なんでスタンレーギボンズのことを取り上げたかと言えば、先日ボルドウィンのオークションがあったので、ボルドウィンのサイト見てたら、スタンレーギボンズへのリンクがあって、それではじめて、
 
「あ、ボールドウィンってスタンレーギボンズグループの会社だったんだ」
 
って気づきました。すごい今さら。
へぇーと思ったら、スタンレーギボンズグループはロンドンに上場までしている上場グループ会社でした。
 
 
株価はえらく下げてますが・・・・・・チャート見ると去年の8、9月ぐらいから崖になってますが分割?したのかなってぐらい下げてます。実際どーなんですかね?
アンティークコイン投資に絞ってるならコインじゃなくて、コインやスタンプを扱ってる会社に投資すれば良いじゃないと単純に考えたんですが、そーでもないんですね・・・
 
それとスタンレーギボンズのサイト見てたらスタンレーギボンズインベストメントには日本法人があるそうで、日本からも投資できるそうです。
 
1万ポンドからだそうで平均は3万ポンドとのことです(オンラインパンフより)。
僕に縁遠い世界の話です。
 
といった感じで芋づる式に「へぇー」と思ったので書いてみました。
 
ちなみに、スラブで有名PCGSもナスダックにコレクターズユニバース(CLCT)として上場しております。
コインの他にもコミックや野球カードの鑑定会社ってことで、有名です。
 
以上です。