もうすぐ銀座コインオークション2016 ebayのドイツコイン

先日、タイのギフトセットを紹介しましたが、結果が出ました。
40500ユーロでした。
2008年のキュンカーに出ていた23枚のギフトセットは16000ユーロでしたから、2.5倍。
こーいう特別なセット、特別なコインは、やっぱり競ります。
2000年代の値段と2010年代の値段は、ぜんぜん別物って感じです。

 

さて、11月20日に帝国ホテルで銀座コインオークションが開催されます。

日本の穴銭や古金銀、近代貨幣が充実しています。

近代貨幣に興味があるので、lot909貿易銀を含む銀貨5種プルーフセットとlot960旧金貨・銀貨9種類プルーフセットには注目しています。
とくに来年の1月にヘリテージでも旧金貨・銀貨のプルーフが個別に競られるので、その前哨戦といった意味も含めて関心が向いています。
また、ヘリテージでは明治7年の円銀プルーフも競られるので、こちらも注目です。
lot960のように里帰りなりますかね。

 

ところでlot960の説明文にある小池ザビエル氏って誰だろうかと思いググって見ました。
孫引きになるんですが、どうもスイス・エリコン社の日本代表だった方のようです。
貨幣関連の著作を何冊か残されてますが、入手は困難なようです。

 

GCAの第3部世界の貨幣のロット。
こちらではlot1207ナポレオンの5フラン金打ち、lot1275のヴィクオリア・ボノミ金打ちがハイライトでしょうか。
lot1276にウナとライオンが出品されていますが、あつかい小さめです。EF-で550万が参考価格となっています。
泰星オークション2016のlot616が800万で不落でしたが、このへんが目安でしょうか。
直近の海外の結果を見ると、イタリアのオークションで115000ユーロ+BPスイスのオークションで140000スイスフラン+BPとなっています。
状態による価格差が意識されそうです。
lot1310ジョージ5世試鋳クラウン金打ちも目玉の1つでしょう。
PCGS PR63Dcamのスラブに入っています。参考額は360万。
泰星オークション2016lot333が参考になるでしょうか。
スタート150万、結果は1250万+BPとビックリプライスでした。
理由は状態でlot333はNGC PF66+urtra cameoというお化けスラブに入ってました。
グレード差が3もあるので、あまり参考にはならないかもしれませんね。
にしても発行30枚の金打ちが年に2枚も出るのは驚きですね。
泰星の金打ちは海外に出てしまいましたが、GCAの金打ちはどうなりますか。
ほかにも外国コインは大物が出てますが、大物過ぎて個人的には縁遠いものばかりです。

 

で、ebayのドイツコインの話。

ebayでコインを落としている人にはちょっと有名な、スラブに入っているドイツコインを定期的に出品されている、ドイツの業者さんがいます。

日本にも送ってくれるので、ヤフオクで買う以外の選択肢の1つとして考えるのもありだと思います。日本の業者さんにもこの出品者から仕入れているところがあるようです。

 

1914年アンハルト=デッサウ5マルクプルーフ

rover.ebay.com

 

1906年ブレーメン5マルクプルーフ 発行600枚

rover.ebay.com

 

1915年メクレンブルク=シュベリン5マルクプルーフ

PR67camの判定はスゴイ。

rover.ebay.com

 

1903年プロイセン5マルクプルーフ 66camはスゴイ。

rover.ebay.com

 

1909年ザクセン5マルクプルーフ 発行300枚

rover.ebay.com

 

1930年ワイマール共和国5マルクプルーフ ラインラント駐留軍撤収記念

rover.ebay.com

 

ドイツの5マルクプルーフだけをご紹介。

ディープカメオやウルトラカメオがつく5マルクは貴重です。

日本で買うより安く落とせることもありますが、相手は世界中にいますし、実は一番の強敵は日本の業者さんです。