読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NY2017年ヘリテージオークション フロアセッション終了 結果一部抜粋

ニューヨークでヘリテージオークション(古代・ワールドコインのオークション)が開催された。日本の明治近代貨幣プルーフがたくさん出品されており、日本の収集家にも注目されていた。

 

まず、その明治プルーフ貨の結果を抜粋。画像。

f:id:tororon210:20170110132101j:plain

銅貨は5000ドルほどで決着だが、銀貨は驚くほど高値だった。

とくに明治13年10銭銀貨は10万ドルだった(11万7500ドルincBP)。

円銀13年プルーフは取消になったみたい。競られず。

次に金貨。

f:id:tororon210:20170110132347j:plain

旧5円金貨プルーフは参考額の下限にも到達しなかったが、それでも10万ドルだった。

旧20円金貨プルーフは参考額の上限を超過して26万ドルで落札。バイヤーズプレミアムを含めると、びっくり30万5500ドルだった。ミュージアムピース。

これら日本の近代プルーフ貨幣はだいたいがフロアのビッダーが落札だった。

今回のフロアセッションはフロアのビッダーが全体的に強かったようだ。

そのほかの結果もいくつか抜粋する。

 

Victoria gold Proof 5 Pounds 1893 PR67 ★ Ultra Cameo 152750ドル

Mooreコレクションで一番目立ってたハイライトロットか? 結果は15万2750ドル(incBP)だった。参考額5-7万ドルも破格だったが結果は上限の倍近い13万ドルまで入札があった。

 

今回も雲上の女神プルーフ金貨が複数出ていた。結果はBP含む。

Proof 100 Corona 1908 PR65 Cameo 70500ドル

Proof 100 Corona 1908 PR64 Cameo 56400ドル

Proof 100 Corona 1908 PR63 Cameo 28200ドル

Proof 100 Corona 1908 PR63 25850ドル

Proof 100 Corona 1908 PR62 16450ドル

Proof 100 Corona 1908 PR62 18800ドル

Proof 100 Corona 1908 PR62 12337ドル

Proof 100 Corona 1908 PR61 Cameo 12925ドル

Proof 100 Corona 1908 PR61 8812ドル

思ったよりたくさん出てた。値上がりしているかどうか微妙なところ。

Proof 100 Corona 1908 PR64 Cameo 70500ドル

上記は2016年8月の結果。今回のPR64Cameoは56400ドルだから1万4000ドル下がったことになるのだろうか。でも円建ての換算だと2016年8月をざっくり1ドル105円と考え70500*105で7402500円、2017年1月を1ドル120円とすれば56400*120で6768000円、まぁ、でも、ちょっと安いか。

 

英国ジョージ6世も日本ではずいぶん高いので、こちらもチェックしておく。

George VI 4-Piece gold Proof Set 1937 22325ドル 5PはPR65 Cameo

Proof 5 Pounds 1937 PR64 Ultra Cameo 15275ドル

Proof 5 Pounds 1937 PR66 Cameo 30550ドル Moore coll

George VI 4-Piece gold Proof Set 1937 12925ドル 5PはPF64

George VI 4-Piece Gold Proof Set 1937 18800ドル 5PはPF65

George VI 4-Piece Gold Proof Set 1937 27025ドル 5PはPR65 Ultra Cameo

George VI 4-Piece Gold Proof Set 1937 12925ドル 5PはPR64

Proof 5 Pounds 1937 PR65 Cameo 18800ドル

これもこんなに出てた。2016年とあまり変わらない結果。Mooreコレクションの66カメオはヘリテージではレコードかもしれない。日本に輸入したら400万円近い。

 

名前付きのセッション、Mooreコレクションのロットは参考額やや高めの中で、それでもビッド活況。スラブの数字が高いもの、★がついたもの、状態希少品が多かった。

 

Victoria Proof "Gothic" Crown 1847 PR65  30350ドル

BPなしの結果は26000ドル。参考額15000-20000ドルだったので、かなり上振れ。

過去の結果を見てもかなり高い。円安だからすごい値段に見える。

Victoria Crown 1845 MS65 19975ドル

MS63なら100万円以下で何とか買えそうだけど、MS65になると200万円出しても買えないという、数字怖い病になる。今後は日本でもMS63で100万円の日が来るんだろうか。65というだけあって、確かにスゴイキレイだけども。

ただ、英国コインはプルーフセットも含めて全体的に見ると伸び悩み感はある。円安だし日本からの入札もひと段落なのかもしれない。そもそもの参考額は高いし、リザーブも入っていて、きっと入札する気になる値段じゃないんだろう。とくにジョージ5世のセットは不人気らしい。

 

今回は参考額が高めに設定されているモノ、リザーブが入っているモノが多かった印象がある。古代ローマ金貨で不落が多いし、ハイライトの1部でもあるマルチダカットも不落になったものがあるし、英国5ギニーも不落が目立つ。

またイタリアの大型金貨100リレも不落が多かった。

 

そんな中でも高いのが1640年のババリアダカット金貨。

Bavaria. Maximilian I gold 5 Ducat 1640 MS64 47000ドル

Bavaria. Maximilian I gold 5 Ducat 1640 MS64 54050ドル

昨年の銀座コインオークションにも状態は違うものの同じコインが出ていたのだけども、結果はえらい違い。17世紀の金貨だけにMS64という数字が評価されたのだろう。

どちらのコインも参考額の上限は2万ドルとなっている。

 

また、日本のコインでも、プルーフ貨以外で、高いものがあった。

Japan: Meiji Yen Year 27 (1894) MS67+ 16450ドル

Japan: Meiji Trade Dollar Year 8 (1875) MS66 19975ドル

日本の近代貨のハイグレード品。明治27年の円銀が円建て200万円近い。

貿易銀もやはり高い。でも、参考額が27年も貿易銀も1万-1.5万ドルと見積もられているのだから、おそろしい。どちらもMooreコレクションなので、多少が下駄はいているだろう。名前がなければ、明治27年などは、ここまで競られてなかったと思う。

 

最後、今回のフロアセッション落札額ランキングトップ5。画像。

f:id:tororon210:20170110153758j:plain

トータル落札は1500万ドル。フロアの1割ぐらいは不落となったようだ。