2017年秋海外オークション ウナとライオン2頭の結果速報

欧州では秋のフロアオークションが連日のように開催されています。
英国では9月13-15日に開催したDix Noonan Webbのフロアオークションで1セット、9月22日開催のBaldwin's of St. James'sのフロアオークションで1枚のウナとライオン5P金貨が競られました。

両方の結果が出たので速報でメモ書きを残しておきます。

さて、ウナとライオンの金貨ですが、少し前、今年の3月15-16日に開催されたDix Noonan Webbのフロアオークションで、PCGS PR 63 DCAMが17万GBPで落札されていました。

Dix Noonan Webb | Auction Sale | 15 - 16 March 2017 | Lot 415

f:id:tororon210:20170923192402j:plain

Victoria (1837-1901), Proof ‘Una and the Lion’ Five-Pounds, 1839, reads dirige, edge plain, 12h (WR 278; S 3851; KM. 742)

BPを入れると20万ポンドを超える結果でした。

それから半年。今度は1839年の金銀プルーフセットでの登場でした。

 

Dix Noonan Webb | Auction Sale | 13 - 15 September 2017 | Session II, Lot 1190

f:id:tororon210:20170923192629j:plain


Proof set, 1839, comprising Five-Pounds, reads dirige, 13 leaves, edge tertio (WR 280)

参考額は20-26万GBPでしたが、結果は22万ポンドでした。BPを入れると26万4000ポンド。
ウナとライオン5P金貨だけで20万ポンド、他の14枚で6万4000ポンドといった計算になりそうです。
3月の5P金貨とはカタログ番号が違うのでバラエティ違いでレアリティに差があるのでしょうが、未使用のウナとライオン5P金貨を買おうと思えば、20万ポンド、円建てで3000万円は必要で、少し前に日経に掲載された「希少コイン人気の怪 1枚数千万円、資産隠し懸念も」で紹介された2016年の34万7000ドルというのが意識されているのかなーと感じます。

では、9月22日の結果はどうだったでしょうか。

Baldwin's of St. James's | Auction 10 | 22 September 2017 | Lot 3084

f:id:tororon210:20170923192821j:plain

Victoria, proof five pounds, 1839, ‘Una and the lion’, lettered edge, young head l., 9 leaves to rear fillet, rev. crowned figure of the queen as Una, wearing a long flowing gown, standing. to l. holding orb and sceptre, guiding a lion behind her, date in Roman numerals below, DIRIGE legend translating as ‘May God Direct My Steps’, small lettered TERTIO edge (S.3851; W&R.279; Fr.386; KM.742), certified and graded by NGC as Proof 65 Ultra Cameo
単独で入手できる最高グレード品ってところでしょうか。
NGC PF65UCAMです。(https://www.ngccoin.com/certlookup/4462484-001/65/)
参考額は15-20万GBPと見積もられていましたが、結果は、34万ポンドでした。
BPを入れて計算すると40万ポンド超です。英国ポンドを1ポンド150円としても……6000万円ですかね。

どんな競り合いだったのか気になりますが、まぁ、お金持っている人はすごいですね、という感想にしておきましょう。

ちなみにですが、今回のボールドウィンのオークションでは近代英国希品貨が多く出てました。一部の結果を抜粋です。

 

Lot 3057 George II, proof crown, 1746, VICESIMO PCGS PR 66 38000ポンド
Lot 3058 George III, proof ‘military’ guinea, 1813 PCGS PR62CAM 7500ポンド
Lot 3060 George III, pattern crown the ‘Incorrupta’PCGS PR65 60000ポンド
Lot 3067 George IV, pattern crown in silver, 1825 FDC 35000ポンド
Lot 3071 George IV, proof two pounds, 1825 NGC PF64CAM 31000ポンド
Lot 3072 George IV, four-piece gold proof set, 1826 5P NGC PF63CAM パス
Lot 3076 George IV, crown, 1826, SEPTIMO PCGS PR62 パス
Lot 3077 George IV, proof crown, 1826, SEPTIMO PCGS PR64 14000ポンド
Lot 3081 William IV, proof set, 1831 55000ポンド
Lot 3082 William IV, proof two pounds, 1831 PCGS PR63+CAM 21000ポンド
Lot 3083 William IV, proof crown, 1831, R4 PCGS PR63 25000ポンド
Lot 3089 Victoria, proof crown in pure silver, 1847, edge plain R6 7000ポンド
Lot 3093 George V, pattern crown in silver, 1910 R5 FDC パス
Lot 3096 George VI, proof five pounds, 1937 PCGS PR65CAM 11000ポンド
Lot 3099 Elizabeth II, pattern cupro-nickel crown, 1953, in higher relief R7  パス

 

以上すべてBPを除くです。
インコラプタのPR65が6万ポンドでした。
第8回AWでは860万円でした。(Lot861)
英国本国やっぱり高いと言うべきかAWも負けてないというべきか。

そろそろオークションワールドの第10回オークションです。
ロットが見れるようになってきています。ハイライトは都市景観の9ダカット金貨のようです。

以上です。
参考ページはsixbidとsaleroomです。正確な結果は主催者のサイト等でご確認ください。

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の近代銀貨一円銀貨の部亀谷雅嗣 編
価格:3000円(税込、送料別) (2017/9/23時点)