オークションワールド、TICC、泰星SPINK東京国際ヌミスマティクス・オークション

2018年4月ももう終わりです。

4月21日22日にオークションワールドの第12回立会オークションが開催されました。

ハイライトは、日本貨では旧五円金貨のプルーフ、外国コインではウナとライオンの銀打ちでした。

 

Lot 139
日本 旧五圓金貨(縮小) Old type 5Yen reduced 明治9年(1876) NGC-PF67 Ultra Cameo

結果は760万円+手数料でした。

 

Lot 3621
GREAT BRITAIN Victoria ヴィクトリア(1837~1901) Pattern 5Pounds in Silver (Pattern Crown?) 1839 NGC-PF64

結果は3200万円+手数料でした。

 

今回出品されていたウナとライオンの銀打ちはカタログ番号L&S19A Bull(ESC)2632でしたが、2017年1月の第7回立会オークションではL&S-20 ExDM-233の銀打ちが出品されていました。

 

Lot 1087
GREAT BRITAIN Victoria ヴィクトリア(1837~1901) Pattern 5Pounds in Silver 1839 NGC-PF64

結果は4000万円+手数料でした。

 

Lot 3003
Kingdom of Lydia リディア王国 AV Light Stater Croesus クロイソス 561~546BC NGC-Gem MS“Strike5/5 Surface5/5“

第12回立会オークションの高額落札ロットの第2位は、リディアのスタテール金貨でした。結果は1800万円+手数料と破格でした。このコインとしてはワールドレコードかもしれません。

事前人気の高かったLot3599ゴシッククラウン プレーンエッジNGC-PF65 Cameoの結果は600万円+手数料でした。

ほか、日本貨の一部やグレードの低い物などを除くと、高値で落札されているコインが多かったようです。都市景観のMSグレードのコインなど非常に高値でした。

 

第29回東京国際コイン・コンヴェンション(TICC2018)が4月28、29、30日に開催されました。海外からの参加を含め、スラブケースに入ったハイグレードコインは、非常にお高いものが多かった印象です。スティーブン・アルバム・レア・コインズ(米国)などが品ぞろえ良く人気だったようです。

 

泰星SPINK東京国際ヌミスマティクス・オークションが29日に開催されました。saleroomというオークションサイトを使ってライブでのオンライン入札ができるようになりました。

 

ハイライトはウナとライオン金貨でしょうか。

Lot495 ウナとライオン金貨WR-278,S-3851 PCGS PR62DCAM

落札結果は3200万円+手数料でした。

手数料は今回は20パーセントと海外オークション並でした。

この他、英国コインの高額落札ロットは以下の通り。

Lot484 トリプルユナイト金貨 700万円

Lot489 ウィリアム3世5ギニー XF40 180万円

Lot493 ジョージ4世5P金貨 NGC PF63cameo 1400万円

Lot494 ジョージ4世プルーフセット 1650万円

Lot508 ヴィクトリア5P金貨 1887 PCGS PR63DCAM 420万円

Lot516 ヴィクトリア5P金貨 1893 NGC PF61ULCAME 310万円

Lot517 ヴィクトリア1893プルーフセット 540万円

これに手数料が加わります。英国プルーフ大型金貨は人気です。

ただ、スタート価格が高額なロットは不落であったり、多数出品されていたジョージ6世のプルーフはやや人気薄、人気分散だったようです。

大型金貨以外は、英国全般に人気がなく不落も目立つようで、人気の偏りが顕著になっています。

 

 アンティークコイン投資のブームで販売サイトが多数生まれてましたが、撤退しているところも多いです。売れるのは超高い超希少なコインばかりなようで、コイン全般に広がる感じではなさそうです。

 

このブログは今年1月から更新してませんでしたが、あまり需要もないでしょうし、今後も放置気味になりそうです。